マンションのauひかり契約は少し大変

マンションでも使えることはわかっていますが、auひかりの契約をしたいと思うなら、マンションに設備が用意されていないと駄目です。用意されていないことがわかれば、契約はできなくなります。せっかく契約できるチャンスがあるのに、設備が取り付けられないので無理だと思われれば、少し残念に感じるはずです。
契約したいなら、auに依頼して設備を取り付けてもらうなどの方法を取ります。これでauひかりを使えるようになれば、契約が行なえます。マンションの場合、一般家庭とは異なる方法で回線を取り入れることになります。昔のマンションでは用意されていない傾向があるので、auひかりと契約したいならかなり難しい部分があります。
とにかく契約をしたいと思う時、マンション側がもっていないと駄目な要素もあると思ってください。auひかりとの契約を考えると、早めに導入を検討したいものですが、これにはオーナー側の意向などもあり、導入できない可能性もあります。

auひかり利用までの全体的な流れ

auひかりは、光ファイバーケーブルを用いた通信回線です。電話回線の敷かれていないエリアで固定電話を使えないのと一緒で、利用できるエリアが予め決められています。自分が利用したいと思っている場所が、そのエリアに含まれているところから調べることになります。
利用エリアはauひかりのホームページで確認できます。住居のタイプ、郵便番号の2項目を入力すればすぐに回答がきます。ここでNOを突き付けられたら諦めるより仕方ありません。OKサインをもらえて、初めてauひかり導入の手続きを進めることができます。
手続きはエリアの確認をした後に、ホームページ上で引き続き行えます。名前、住所、電話番号、銀行口座番号などの個人情報を入力していきます。すべての入力を終えたら、後日auひかりのスタッフから連絡がきて工事日を決定します。その後、宅内機器が自宅まで送付されます。工事日になったら工事の担当者が自宅まできてケーブル等の接続を行います。最後に、自分でパソコンの設定を行い利用開始となります。

最大速度1Gbpsで利用できる便利なドコモ光

住環境や端末のスペック、使用しているルーターなどによっても大きく変化は出てきてしまいますが、ドコモ光は上りと下り、最大で1Gbpsと十分な速度で光回線を利用できるインターネットサービスとなっています。数年前まではMAXでも200Mbps、300Mbpsという回線速度が珍しくなかった中、環境や設備の違いなどによって落ちてしまうといえ、倍以上の速度が出るようになればどういった利用方法であってもインターネットをストレスなく使っていくことが可能です。 また、フレッツ光からであればドコモ光への乗り換えは非常にスムーズですし、キャンペーン中であれば工事費用0円で回線切り替えを行うこともできます。変更手続きもそれほど難しいものではありません。
全国各地にドコモショップがありますし、ドコモ光の宣伝をよく目にするというかたも多いでしょう。乗り換えに関する説明も窓口で行われていますので、気になる場合には気軽にショップに立ち寄って相談することをお勧めします。

http://ドコモ光評判.jp/

ドコモ光の料金体系はどうなっているのかな?

スマホをドコモに変更したことから、ドコモ光に乗り換えたほうがいいのではないかと考えるようになりました。そこでドコモ光のことを調べ始めたわけですが、やはりこういうのはよくわからないので苦手です。
ドコモ光のホームページに行ってみると、フレッツ光以外のインターネットを利用していた私には、4つのおトクなポイントがあるということがわかりました。でも、どの程度おトクなのかまではまだ理解していません。ここもよく知りたいところではあるのですが、それよりもまず知りたいのは毎月の料金のことなんですよね。毎月支払うことになる料金が、今より安くなるのか高くなるのか。これが一番知りたいこと。
ドコモ光とプロバイダがセットになった「タイプA/タイプB」というものがあるとのこと。もう一つは、ドコモ光のみの「単独タイプ」もあるよう。この段階で、もうわからなくなってきました。ドコモ光とプロバイダがセットになったというのは、今の私の場合に該当するのでしょうか。「ドコモ光のみ」というのは、光回線に変更するけどプロバイダは今現在使っているプロバイダをそのまま使えるという意味なのでしょうか。これはやはり、ドコモショップに行ったほうがいいかもしれませんね。